アパート経営を成功させるには失敗事例を見て学びましょう!

契約は慎重に行なおう

紙幣

近年、不動産投資をしている人が多いですが、リスクもあるということを知っていた方が良いでしょう。中でも一括借り上げはリスクが高いということを把握した上で、うまく活用をしなければなりません。
不動産投資の中で一括借り上げは多くの人が利用しています。それは、空室リスクを解消することができるからです。不動産がオーナーの物件を借り上げしてくれるので、契約期間中は空室になることはありません。安定した収益が入ってくるのです。また、不動産会社が一括借り上げをしてくれているおかげで、管理の手間がかかりません。建物の清掃や定期メンテナンスはもちろんのこと、入居者の募集や退去時の手続きも全て行なってくれます。手間がかからないにも関わらず収益が入ってくるという利点が、オーナーの心を掴んでいるのです。

しかし、時には家賃の値下げ問題や解約問題が起こります。一括借り上げで一定期間契約をしたとしても、契約当初の家賃で部屋を貸し出すのかは分かりません。不動産会社によっては家賃を見直して、減額することがあります。それに伴いオーナーの収益が減ります。もしも、減額を断ると一方的に解約をされてしまうケースもあるのです。それでは収益がゼロになってしまいます。
このようなトラブルも少なくはないので、一括借り上げの契約をする場合は不動産会社と深く話し合うことが大切です。お互いが納得したところで契約をするとトラブルは起こらないでしょう。契約書の内容をしっかりと確認することも基本です。